元気に更新中。プラザブログはこちらをクリック
いらっしゃいませ♪

人目の訪問者です
社会福祉法人 北九州市福祉事業団 福祉用具プラザ北九州開館時間 午前9時から午後5時30分まで休館日土曜日・祝日・年末年始電話番号:093-522-8721 住所:福岡県北九州市小倉北区馬借1-7-1総合保健福祉センター1階

ここから本文相談・事例紹介

2009年9月にリハビリ工房製作事例集「生活を楽しむデザインZ」を発行いたしました。
数多くある相談事例の中から一部ですが、製作品をご紹介させていただいております。

生活を楽しむデザインZ

『リハビリ工房製作事例集第7版』発刊にあたって

「福祉用具プラザ北九州」(北九州市立介護実習・普及センター)は、
その前身であるテクノエイドセンターが平成11年10月総合保健福祉センター(アシスト21)の
1階に開設されて、今年で10年となります。

リハビリ工房は、センター開設時から福祉用具や住宅改修の普及をとおして、
高齢の方や障害のある方とその家族の
「暮らしやすさ」を支援することを主要業務として取り組んでまいりました。
リハビリ工房への相談は、当センターの相談窓口へ直接来られる方や、区役所相談窓口、
障害福祉センター、地域包括支援センター、あるいは医療・福祉施設の職員等から寄せられます。

「もっと楽にできる方法や用具はないだろうか?」というご相談に応えて、
福祉用具の紹介や既製品の使用が困難な方々には使いやすい自助具の提案や製作などを行っています。

本事例集は、相談者からのニーズによって製作した用具・機器に加え、一般市民の方を対象とした
自助具製作ワークショップという講座で製作した作品なども収録しています。
同じような暮らしの困難さを持たれた方々にこれらの福祉用具の中で
適切な選択もしくは応用できるものが見つかれば幸いです。
今後はさらに、誰にでも便利に使える共用品へとつながる道具になることを目指して事業に励みたいと思います。

今後とも皆様方のご指導・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

平成21年9月
福祉用具プラザ北九州
(北九州市立介護実習・普及センター)
所長  大床 悦朗

リハビリ工房の業務

当リハビリ工房では、一般の市民の方のみならず、作業療法士・理学療法士などの
医療職・ケアマネージャー・その他介護職、福祉用具の事業所などの方々から
来所・電話・電子メールによるご相談を受けております。

その内容は・・・
市販の福祉用具・自助具がうまく使えない、合わない。
自分の欲しい福祉用具や自助具がない。  
 などの場合は、福祉用具・自助具の製作や改良を行います。
福祉用具を使ってみたいが使い方が分からない。
ご本人にあった福祉用具を探している。   
 などの場合は、福祉用具の選定・適合支援を行います。

※来所できない市民の方は、リハビリ工房のスタッフがご自宅や施設などへ
出向き福祉用具・自助具の適合・製作支援を行っております。

ご相談の流れについては、こちらをご覧ください。

その他リハビリ工房では以下のような業務を行っております。

* 見学案内 ― 見学に来られた方に福祉用具・自助具の説明や紹介をします。
* 作ってみよう!福祉用具 ― 月1回ワークショップを開催し、簡単な自助具の製作講習会を行っています。
* 出前講座 ― プラザに来所が難しい場合は、地域へ出向き、自助具製作の出前講演を行っております。
* リクエスト講座 ― 自助具の製作を希望する専門職には、リハビリ工房の工具等を使い製作支援を行っています。

福祉用具に対する疑問や質問、生活の中で不便なことがあったり、
こんなものがあったらいいな…などがありましたら
当福祉用具プラザ北九州へご相談ください。

お問い合わせは

福祉用具プラザ北九州

〒802-8560
福岡県北九州市小倉北区馬借1丁目7-1 総合保健福祉センター 1階
電話(093)522-8721  ファックス(093)522-8771
受付時間:日曜日から金曜日(祝日を除く)
午前9時から午後5時30分まで。

ここから見出し●工房事例集

ここから見出し食事

ここから見出しスプーン回転台
対象者情報
70歳代 女性

相談内容
両手にマヒがあり、スプーンを持つことが出来ない。
現在、介助者からひとさじずつ食べさせてもらっている。
そのため、自分のペースで食べ物を飲み込めない。

製作品
台を本人の口の高さに合わせて作製。介助の方法は、介助者がスプーンに一さじずつ食べ物を乗せて、本人が食べ物を飲み込んだら、あごでスプーンを押し、次のスプーンの食べ物を食べる。
スプーンが軸を中心に回転する形式にした。

結果
精神的に落ち着いて、食べられるようになった。

食事

スプーン回転台

スプーン回転台

 メニュー項目へ

ここから見出し食事台
対象者情報
10歳代 男性

相談内容
学校や自宅で食事をするときに、テーブルから口までの距離が遠く、
こぼしてしまうので、お皿をのせられる台がほしい。

製作品
肘をつく高さとお皿を置く高さを、本人に合わせて調整し、食事の邪魔にならないような大きさにした。
お皿の中身が見えるように角度をつけた。

結果
自宅で食事をするときに使用。
食事台がないときと比べると随分すくいやすくなり、こぼすことが少なくなった。

食事

長柄フェイスブラシ

長柄フェイスブラシ

 メニュー項目へ

ここから見出し入浴関連

ここから見出し入浴用担架
対象者情報
40歳代 女性

相談内容
自宅で、家族が魚捕り網で作った入浴用担架のネットを利用し
リフトを使って入浴している。網の結び目が肌に当たって痛いので、
代わりになるものはないか。

製作品
福祉用具製作業者と同行訪問し、リフトで吊ったときも身体がずれない工夫を加えながらネットを作成した。

結果
痛みがなく快適な入浴タイムを楽しんでいる。

入浴関連

入浴用担架

入浴用担架

 メニュー項目へ

ここから見出し浴槽の中のすき間台
対象者情報
70歳代 女性

相談内容
自宅の浴槽が大きいので足が届かず、滑りそうで不安。
片マヒのため立ち上がる時にも力がはいらない。
浴槽と足裏のすき間を埋めるような工夫はできないか。

製作品
足で踏ん張れるようにイレクターの台に角度をつけた。
足があたるところは風呂用マットを利用し、使用後は干せるように取り外し式にした。

結果
浴槽の長さがちょうど良くなり、お風呂の中で滑る心配がなくなったと喜ばれた。
毎回の入浴の時に活用している。

入浴関連

浴槽の中のすき間台

浴槽の中のすき間台

 メニュー項目へ

ここから見出しシャワーキャリー座面
対象者情報
60歳代 女性

相談内容
シャワーキャリーの座面の中央の穴が大きくお尻がはまって痛い。
穴を小さくして欲しい。

製作品
クッション性のあるシートを利用し、穴の小さい座面を作製した。
防水シートを貼り、使用中のシャワーキャリーの座面に
マジックテープで固定した。

結果
入浴時、臀部の痛みが軽減した。

入浴関連

シャワーキャリー座面

シャワーキャリー座面

 メニュー項目へ

ここから見出し整容

ここから見出し長柄ヘアブラシ
対象者情報
50歳代 女性

相談内容
関節の変形があり、肩が挙がらない。
また、指の関節が変形してヘアブラシが握りにくい。
自分で髪をとかせるブラシが欲しい。

製作品
長柄のヘアブラシを作製した。素材は、動作がしやすいように
握りやすく軽い、円筒状のスポンジを使用した。

結果
自分で髪を整えることができるようになった。

整容

長柄ヘアブラシ

自分で髪をとかすのは、毎日行うことですから大切なことですね。握りやすさを工夫したすばらしい自助具です。

 メニュー項目へ

ここから見出し排泄

ここから見出しお尻ふきエイド
対象者情報
小学生 男性

相談内容
障害のため手がお尻に届かないので、排泄後の後始末が出来ない。

製作品
【百円ショップ】で購入したつぼ押しを利用した。
握りやすいハンドルグリップを生かして切断や熱を加えて加工し、
先端に針金を曲げたものを埋め込み自由樹脂で加工した。

結果
片手で操作するには少し重たいと母親からの意見があったが、持ち上げるように使うのではなく、下に下げてお尻にあてるため、本人は大丈夫とのことだった。

排泄関連

お尻ふきエイド

ご本人の状態にあった角度の調整、材料の選定・加工などの工夫が、盛り込まれています。

 メニュー項目へ

ここから見出しトイレレバー
対象者情報
70歳代 男性

相談内容
左手足に運動マヒがあり、何かにつかまらないと立てない。
便座に座ったまま水を流したいがレバーに手が届かず、手を伸ばすと転倒しそうになるのでなにか工夫できないか。

製作品
便器の上蓋や水道管が邪魔になり、レバーに手が届かない。
ご本人の手が届く位置にレバーを延長することにし、上蓋を外し水道管をかわすような構造に工夫した。
更に、レバーの重みで水が流れないように、
レバーの右側に板をとりつけた。

結果
一度、接続部分が破損したので、強度を増すように修理した。
座ったまま水を流すことができるようになったので、転倒の心配が無くなった。

排泄関連

トイレレバー

トイレレバー

トイレレバー

 メニュー項目へ

ここから見出し移動関連

ここから見出しスロープ
対象者情報
50歳代 男性

相談内容
玄関前に段差があって車いすで上がることができない。
市販のスロープでは対応できないため、スロープを作って欲しい。

製作品
木材で作り二つ折りにして持ち運びができるように製作した。穴を開けて軽量化を図った。

結果
玄関前の段差の昇降が可能になった。

移動関連

スロープ

スロープ

スロープ

 メニュー項目へ

ここから見出し電動車いすの傘たて
対象者情報
50歳代 男性

相談内容
電動車いすで外出した時に、傘がさせるように傘立てを作ってほしい。

製作品
クリップ式の保持棒を車いすに固定した。
更に運転中の利用者が濡れないように傘に角度をつけた。

結果
必要な時に傘がさせるようになり、天候に左右されずに外出できるようになった。

移動関連

電動車いすの傘たて

電動車いすの傘たて

 メニュー項目へ

ここから見出し膝立ち歩行補助ボード
対象者情報
50歳代 女性

相談内容
屋内では膝立ちで歩行しているが、足先を上げられず、常に足の甲、指が床面に接し、こすって、傷が絶えない。
こすらない用具がほしい。

製作品
膝から下全体を乗せられるスキー板をイメージしたボードを作製。
軽量化と強度を重視し、足が落ちないサイドガード、体重のかかる膝部分のクッション、スムーズに走行できるように底にすべりテープを取り付けた。

結果
移動が苦にならず、速く移動ができるようになった。

移動関連

膝立ち歩行補助ボード

膝立ち歩行補助ボード

膝立ち歩行補助ボード

 メニュー項目へ

ここから見出し姿勢保持

ここから見出し車いすクッション
対象者情報
80歳代 女性

相談内容
円背のため車いすに座ったときに背もたれに背中があたって赤くなる。
座っている姿勢も傾きやすい。

製作品
ウレタンを座面と背中の形に合わせて削り、ウレタンが身体全体に
フィットするようにした。
身体の側方にも削ったウレタンを入れ、支える部分を作った。

結果
食事の時や外出の時などに、安定した姿勢で座れるようになった。

姿勢保持

車いすクッション

車いすクッション

 メニュー項目へ

ここから見出し姿勢保持クッション
対象者情報
30歳代 男性

相談内容
体格が大きいため自宅で本人専用の椅子に座っているが、
体が大きく左に傾く。

製作品
@座面の底に板を敷きモールドクッションをのせた。
A背中の形にあわせた三角クッションを作った。
B左の肘置きを高くし幅を広くした。

結果
長時間椅子に座った時の体の傾きが少なくなった。
それにより、食事時の姿勢がよくなり、食べやすくなった。

姿勢保持

姿勢保持クッション

姿勢保持クッション

 メニュー項目へ

ここから見出し車いすの幅広肘掛け
対象者情報
50歳代 女性

相談内容
体格が大きいため自宅で本人専用の椅子に座っているが、
体が大きく左に傾く。

製作品
@座面の底に板を敷きモールドクッションをのせた。
A背中の形にあわせた三角クッションを作った。
B左の肘置きを高くし幅を広くした。

結果
長時間椅子に座った時の体の傾きが少なくなった。
それにより、食事時の姿勢がよくなり、食べやすくなった。

姿勢保持

車いすの幅広肘掛け

車いすの幅広肘掛け

 メニュー項目へ

ここから見出し車いすテーブル・ベッド上端座位用テーブル
対象者情報
30歳代 男性

相談内容
車いすに座ると体が右側に傾く。
ベッドに座った時に市販のテーブルを使用するが右に倒れてくる。

製作品
車いすに座った時テーブルに手を乗せ、肘で体を支えられるように
体の形にテーブルを作り、右へ体が傾かないよう右の支えを長くした。
車いすの肘置きに固定できるようにした。

結果
座位姿勢が安定した。

姿勢保持

車いすテーブル・ベッド上端座位用テーブル

車いすテーブル・ベッド上端座位用テーブル

車いすテーブル・ベッド上端座位用テーブル

 メニュー項目へ

ここから見出し立位台&書見台&ボード
対象者情報
5歳 女性

相談内容
ウォーカーで立ったときに遊べる高さの台がほしい。

製作品
成長にあわせて高さが調節できるようにした。
立って遊べるように書見台を作成し、ホワイトボード用とマジック
テープ用の2種類のボードを作った。

結果
機嫌よく遊べるようになった。
自分もほしいという、お友達が出てきて、同様の台を作った。

姿勢保持

立位台&書見台&ボード

立位台&書見台&ボード

 メニュー項目へ

ここから見出し姿勢保持台
対象者情報
30歳代 男性

相談内容
パソコンを操作する時に、左側に支えがほしい。

製作品
車いすにクッションをつけるだけでは姿勢が安定しなかった。
そこで、身体を支える台を机に取り付けた。
素材は木製。脇の部分にウレタンクッションを用いて圧迫痛が出ないように配慮した。

結果
体の左側に支えを作ることで、動作が楽になった。

姿勢保持

姿勢保持台

姿勢保持台

 メニュー項目へ

ここから見出し車いすテーブル
対象者情報
40歳代 男性

相談内容
食事などをのせて運べるようなテーブルがほしい。

製作品
肘掛の長さが短い車いすなので、テーブルを乗せるだけでは不安定だった。
フレームから支柱を伸ばし、上から差し込む形のテーブルをつくった。
自分で取り外しをしやすいように、コンパクトなものにした。

結果
テーブルの取り外しも簡単なので使いやすく、安定して食事を運べるようになった。

姿勢保持

車いすテーブル

車いすテーブル

 メニュー項目へ

ここから見出し低い椅子
対象者情報
女性 年齢不明

相談内容
股関節・膝関節に屈曲制限がある。
床に座るような低い椅子が欲しい。

製作品
木材を使い小さい椅子を作る。
何度も仮あわせを繰り返しながら本人の使いやすい形に仕上げた。

結果
座りやすくなった。

姿勢保持

低い椅子

低い椅子

 メニュー項目へ

ここから見出しスイッチ関連

ここから見出しゲーム機固定台と姿勢保持用
対象者情報
高校2年生 男性

相談内容
デイサービスでテレビゲームを楽しみたいが姿勢が崩れやすい。
姿勢を崩すことなくテレビゲームを楽しめる工夫をして欲しい。

製作品

@姿勢保持用腋下ロール
中に形態安定ワイヤーをいれ、
端に紐をつけ紐で固定できるようにした。

Aゲームスイッチのコントローラー
台の上面にゲームのコントローラーの形に穴を開け、コントローラーが動かないようにした。

結果
自分で自由にゲームを楽しむことができるようになった。

スイッチ関連

ゲーム機固定台と姿勢保持用

ゲーム機固定台と姿勢保持用

 メニュー項目へ

ここから見出し角型スイッチ入力固定台
対象者情報
70歳代 女性

相談内容
ベッドに寝たきりの状態だがパソコンで文章を打ちたい。
動くのは右手の人差し指、中指、薬指を曲げることのみである。

製作品
ベッド上で角型スイッチを押すが、押すとベッドが柔らかくてスイッチが沈み込むので、沈み込みを防ぐ台を作った。
また、楽に手を置いた状態から
押すことができるように、台の中にスイッチを埋め込んだ。
台に埋め込む時、枠にゆとりを持たせないと
スイッチが押しにくくなるので注意した。

結果
角型スイッチを使うことができるようになった。

スイッチ関連

角型スイッチ入力固定台

角型スイッチ入力固定台

 メニュー項目へ

ここから見出しスイッチ切り替え機
対象者情報
20歳代 女性

相談内容
パソコンと携帯を切り替えて使いたい。
市販のものは自分の入力スピードに対応できない。

製作品
北九州高専の学生に製作を依頼し、機器を作った。
石鹸箱の中に機器を入れ、LEDの光で使用機器を選べるようにした。

結果
何度も調整を加え本人の使用スピードに対応できるものが完成した。
今自分で自由にパソコンと携帯を使っている。

スイッチ関連

スイッチ切り替え機

スイッチ切り替え機

 メニュー項目へ

ここから見出しベッドリモコン台
対象者情報
70歳代 女性

相談内容
両手に運動マヒがあり、ベッドのリモコンボタンが押せない。
足でリモコンを操作してベッドの背上げをしたい。

製作品
足の指でボタンを押せるように、ボタンの接触面積を増やした。
台にリモコンを固定した。

結果
足の指でリモコンのボタンを押せるようになり、
背上げができるようになった。

スイッチ関連

ベッドリモコン台

ベッドリモコン台

ベッドリモコン台

 メニュー項目へ

ここから見出し紐引っぱりスイッチ
対象者情報
60歳代 男性

相談内容
指が震えて、病院のナースコールを押せない。そのため、看護師を呼ぶことができない。

製作品
紐を引くとナースコールのスイッチが入る機器を作製した。
誤操作防止の工夫として、指の震えとは反対の方向に紐を
引っぱる機構にした。

結果
必要時にナースコールを押せるようになった。また、誤操作が少なくなった。

スイッチ関連

紐引っぱりスイッチ

紐引っぱりスイッチ

紐引っぱりスイッチ

 メニュー項目へ

ここから見出しパソコンのキーボードカバー
対象者情報
20歳代 男性

相談内容
パソコンを操作するとき目的以外のキーまで押すことが多いので、
他のキーを押さないようにカバーを作って欲しい。

製作品
キーボードのキーの位置に合わせてアクリル板にひとつずつ丸い穴を開け、
キーボードに固定しやすいようにマジックテープをつけた。

結果
他のキーを押すことがなくなり、パソコン操作の正確性が増した。

スイッチ関連

パソコンのキーボードカバー

パソコンのキーボードカバー

 メニュー項目へ

ここから見出しファッション

ここから見出しロンパース
対象者情報
小学生 女性

相談内容
シャツが上がり背中が出るのでロンパースを着せたいが、身長が伸びて合う服がない。

製作品
2枚の服をつなぎあわせ、パンツの股の部分をスナップにして
オムツ換えをしやすい構造にした。

結果
背中が出にくくなった。更に、介助者が着せやすくなった。

ファッション

ロンパース

ロンパース

 メニュー項目へ

ここから見出し全開できるズボン
対象者情報
30歳代 男性

相談内容
寝たきりで身動きができない。導尿をしているので普通のズボンが
はけない。自分のパジャマのズボンをリフォームして着られるように
改造して欲しい。

製作品
1着目:市販の介助用ズボンのように医療用オープンファスナー(両開き) を両側につけた。
2着目:股上部分が全開できるように、両脇をスナップ止めにした。

結果
2製品とも着脱がしやすくなった。

ファッション

全開できるズボン

全開できるズボン

 メニュー項目へ

ここから見出し車いす用コート
対象者情報
高校生 男性

相談内容
アウトドアが趣味なので風を通さず保温ができて流涎にも対応できるような、
車いすに乗ったまま着られるコートが欲しい。

製作品
キルティングの大人用コートを2枚使用。1枚を前方から前後を反対にして着ることにし、後ろの足りない部分に継ぎ足す方法をとった。
後方部分はお尻の下まで車いすのうえから覆うようにした。

結果
コートを着てテーブルをつけることができた。車いすの下側をしぼるかたち
なので、風が入りにくくなった。冬場でも積極的に散歩に出かけられた。

ファッション

車いす用コート

車いす用コート

 メニュー項目へ

ここから見出しその他

ここから見出し目薬エイド
対象者情報
40歳代 男性

相談内容
不随意運動のため目薬を上手にさせない。目薬の先が目に当たってしまう。
白内障の手術後なので数種類の目薬をさす必要がある。

製作品
フィルムケースの目薬エイドは皮膚にあたる部分が狭かったので、直径がもう少し大きめのプラスチックの容器を2個使って作成した。
目薬の大きさが一定ではないのでバスマットを使って穴の部分に弾力性を持たせることでどの大きさでもさすことができた。

結果
目に当てること、目薬をさすことの動作が緊張を強める為、一人でさすことは難しかった。

その他

目薬エイド

目薬エイド

目薬エイド

 メニュー項目へ

ここから見出しデジカメ固定台
対象者情報
60歳代 男性

相談内容
右マヒなので左手でカメラを持つと画面が見えない。
画面をみながらシャッターを押そうとするとカメラが逆さまになる。
通常の状態で画面をみながら使用できるように工夫して欲しい。

製作品
レンタル車いすなので、不要な時は取り外しができるように、クリップ式の延長バーを利用し、カメラの固定台を製作した。
好きな角度や位置に変えられるように蛇腹のパイプを使って高さを調節するようにした。

結果
自分の目の高さにあわせてシャッターを押すことができた。

その他

デジカメ固定台

デジカメ固定台

デジカメ固定台

リハビリ工房関連ページ

このページへ相談・事例紹介

このページへ簡単自助具の作り方

このページへ作ってみよう!福祉用具